MENU

低年式・過走行の車は売れない?

 

「え?12年前の車で10万キロ超えているの?そんなの売れるわけないじゃん」

 

友人の赤坂クンは、私に向かって少しバカにしたような感じで言ってきました。

 

(確かに、こんなボロボロの中古車なんて買取してくるわけないよな・・・)

 

そんなとき、落ち込む私に
先輩の鈴木さん(カーマニア)から面白い話を聞きました。

 

海外へ目を向けたら?

 

日本人は”10年以上乗れば乗り換えるのが当たり前”という考えがある。

 

でも海外だと、30万キロ以上なんて当たり前。

 

東南アジアやアフリカでは、20年以上前の日本車がブンブン走っていて、
そういった市場に中古車を売る業者さんがいるとのこと。

 

そんな業者、どう探せばいい?

 

海外向けの輸出が得意な買取店・・・探す方法がわからない!

 

そんなとき、鈴木さんが車の一括査定サイトをお勧めしてくれました。

 

簡単に言うと、1回の入力で複数社に査定依頼ができるサービスのことです。

 

でも、断られまくるかも?

 

鈴木さん「でも、ぶっちゃけ、連絡すらしてこないお店もあるよ」

 

中古車買取店は、ランクルやフェラーリなど20年以上乗っていても、すっ飛んできてくれますが、

 

普通の低年式・過走行車に、時間を使うことはあまりしません(汗)

 

ということは、より多くの買取店へ査定依頼が必要といえます。

 

 

秘儀!複数の一括査定サイトを利用!

 

ということは、より多くの買取店への依頼をする・・・・

 

となると”一括査定サイト”最低3つ利用すること”をおすすめします。

 

【当サイトおすすめの3つの査定サイト】

  1. かんたん車査定ガイド(※大手系買取店が加盟)
  2. カーセンサー(※地元系買取店が加盟)
  3. 楽天オート

 

かんたん車査定ガイドの加盟店は、二重査定をしないJADRI加盟店で構成されています。

 

カーセンサーは地元の買取店の加盟が多いです。

 

つまり、”大手+地元系”で買取店をくまなく探すことができる、というのが今回の裏ワザです。

 

登録・見積・出張査定などすべて無料のため、金銭的なリスクはありません。

 

「面倒臭そうだな〜」

 

車一括査定サイトへの登録は1つでも問題ないです。

 

ですが、今回は、低年式&過走行の車なので、ちょっとした努力が必要といえます。

 

車買取を応援する女性

 

「入力は面倒かもしれませんが、あなたの車が高く売れるように、応援しています♪」

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 


 

 

TOPへ

 

傷や凹みがあっても車の買取は可能なの?

 

車のキズ

 

 

車の買取を行えるケースとは、何も新車みたいにピカピカの綺麗の状態でなければ買取されないわけではありません。

 

当然、短期間でもそれを乗っていることから、傷や凹み、汚れなどが付く場合も存在します。

 

 

傷や凹みが存在すると買い取ってくれないのではないかと心配される方も多いですが、これについては左程、心配するほどのことではないかもしれません。

 

車の買取では、必ず査定を行うことで、もし傷や凹みが存在すればその分をマイナス査定にするだけで済みます。

 

もちろん傷や凹みが存在しないことが高額査定の肝ですが、
もし高額査定を引き出したいため、その修理を行ってしまうと修理代の方が高くついてしまう傾向があります。

 

それならマイナス査定を受けた方が良い場合も多く、それほどマイナスとならない場合や運が良ければスルーしてくれます。

 

このように傷や凹みが存在しても、車の買取自体は行ってくれます。

 

車買取業者のなかには、あらかじめ傷や凹みが存在することを想定して査定金額を提示する所も存在したりします。

 

ただ査定を行う側も機械的に行うのではなく、
人間の目視によって査定を行う形になるため、心証が影響する場合もありますので、
傷や凹みがないことで大事に乗られてきたという高評価を得る場合も多くなります。

 

 

30年落ちの車は買取可能?さすがに売れない?!

 

ボロボロな車

 

車は、次々と新しい性能を備えたものが発売されており、
10年もたつと見た目にも一昔前のデザインで機能も劣ってしまい、燃費の面においてはぐっと劣るために維持費がかかってしまいがちです。

 

さらに、年数がたっていれば税金も高くなるため、安く購入してもそのあとのランニングコストが掛かることから日本の中古車市場では10年くらいまでが売れる限度ともなってきます。

 

30年落ちの車となればどの買取店に行っても売れないというトラブルも多いものですが、中には喜んで買取をしてくれる業者もあります。

 

30年落ちの車は、買い取られた後に日本国内で販売するというのはまず難しくなってきます。

 

しかし、新車を購入するのは難しいけれども、車がなければ生活が難しいという地域に住む発展途上国への輸出用として活躍をしています。

 

日本では、車検システムがあるなど古くても状態が良いことから喜ばれており、パーツに分けられて分解をして船に乗せられることになります。

 

30年落ちの車は、もしも売れなくても輸出用として引き取ってもらえることもあります。

 

売れなくても処分費用を抑えることにも役立ち、大切に長く乗ってきたマイカーが海外の人に喜んで乗ってもらえるというのは、1円にもならないとしても嬉しいものです。

 

 

車買取と下取りって何がどう違うの?

 

車を手放す際の「車買取」か「下取り」ですが、違いを明確に知っている人はそう多くないのが現実です。

 

まず、車買取とは買取専門店や車の販売店に直接車を売りに行き、買い取ってもらうことを意味します。

 

一方、下取りとは新しく車を買うことを前提に、購入する販売店で今所有している車を買い取ってもらうことを意味しています。

 

両者の違いは明確で、車買取とは次の車を購入せずに車を手放す際に選べる選択肢であり、
下取りとは車の購入を前提として販売店に引き取ってもらうことができる選択肢ということになります。

 

どちらもメリットとデメリットがあり、まず車買取のメリットとして、車の装備品に対して高値で買取してもらえる可能性が高まる点があります。

 

さらに、専門店を幾つか比較検討することで少しでも買取価格が高い店舗を事前に知って売却を検討することもできます。しかし、人気の車の装備品や車種などは変動するため売却の時期が不透明になってしまいがちというデメリットもあります。

 

一方、下取りのメリットとしては販売店側の買取額に応じて新車の購入額を補填してくれるというサービスが挙げられます。

 

少しでも出費を抑えるためにはありがたいことではありますが、購入する店舗での下取りに限定されてしまうために車買取のメリットになっていた他店との比較検討をすることができず、
相場よりも低い価格での売却になってしまう可能性があるというデメリットがあります。

 

 

車買取は売却の契約後にキャンセルできるの?

 

基本的に契約というのは、様々な内容の取引に関して双方が合意したことを正式に証明する絶対の効力があります。

 

このため、車買取においても契約後に安易にキャンセルするのは難しいと考えておきましょう。中にはキャンセル料を支払うことで契約解除してもらえることもありますが、その金額も決して安いものではありません。

 

もし、より高い査定額を付けてくれた買取業者に売却したいからと言ってキャンセルする場合、キャンセル料によってはプラスになるはずだった利益が消えてしまう可能性もあります。

 

それでは契約を解除した意味がありませんし、車買取業者との間で余計なトラブルになってしまうため時間も労力も無駄に消費してしまいます。

 

安易にキャンセルすることで、その車買取業者から要注意人物として見なされることもあり、将来的にその業者を利用できなくなる可能性もあります。キャンセルする場合は様々なデメリットが考えられるので、
慎重に考えてから決めることが大切です。

 

トラブルにならないようにするためにも、最初に契約する段階でしっかりと考えてから行動する必要があります。本当にその業者で良いのか、そもそも本当に車を売却して良いのかなどをじっくり考えてから売却するようにしましょう。

 

 

 

車買取対決!※大手買取店VS 中小買取店どっちがいい?

 

車を売却しようと考えいる人は、大手買取店にお願いすれば安心だと考える人は多いです。しかし、中小買取店でも、高値で買取をしてもらえることもあります。中小買取店は、地域密着型のサービスを提供しているはずです。買取だけでなく、再販をしている業者ならば、近隣にお住まいの車ユーザーからの需要も良く理解しています。つまり、需要があれば、車を高く買取ってくれると判断すればよろしいです。大手か中小のどっちが良いか悩んでいても仕方ないので、複数社の見積もりを入手することが大切です。業者選びに困っている人は、インターネットの車買取比較サイトを利用されるとよろしいです。多くの買取業者が登録されているサイトを選び、車の簡単な情報を入力すれば、複数社から概算見積りを得ることができます。また、お近くに中小の買取店があるなら、車を実際に見てもらって査定額を聞き出すとよろしいです。買取価格の情報が多ければ多いほど、高く車を売却する交渉ができます。車は、売却をしてしまえば、その後、業者のお世話になることはありません。価格重視で業者の選択をするべきです。ただし、改造車など純正部品が装着されていないような車ならば、改造車専門の中小の買取店にお願いした方が、車の評価を高くしてくれる可能もあります。

 

 

オークション代行で車を売るメリット・デメリット

 

車を売る方法のひとつにオートオークションに出品するという方法があります。そもそも、自動車買取業者は買取った車をオートオークションに出品して売却することでその差益を得る仕組みになっています。オートオークションには個人では出品することができませんが、一方でオートオークション代行業者を使うことで出品することができます。費用としては代行手数料が3万円程度で出品と成約の手数料は1万円程度で、このためオークション代行業者に依頼するとなると最低でも5万円の費用が発生します。さらに陸送が必要な場合には陸送費用が必要です。

 

オークション代行業者を利用するメリットは、買取店で売るよりも高値が付く可能性があるということ、落札希望価格も指定することができます。また売却に掛かる手続きは代行業者がやってくれます。
一方でデメリットとしては、代行手数料が業者によって異なり不明瞭であることです。またオートオークションは入札者が居なければ売れませんから落札希望価格や車の状態によっては売れないこともあります。また代行業者には売れなくても代行手数料を支払う必要があるなど一定のリスクがありますし、出品中は車を預ける必要があります。

 

 

 

車買取に最低保証ってあるの?

 

自動車を売却する場合、選択肢となるのは「販売店やディーラーでの下取り」「中古車買取業者での買い取り」「解体業者への譲渡もしくは買い取り」です。他にも個人間譲渡などの方法もありますが、あくまでも「売却」という選択肢を選ぶ場合には、ある程度候補が限られます。このうち最も人気のある方法は「中古車買い取り業者への売却(買い取り)」で、次いで「下取り」と続きます。

 

いずれの方法で売却する場合でも、「最低保証価格」が設定されている可能性はあまりありません。購入した車両をどのように扱うのかによってかかるコストが変わってくるのですが、「第三者に販売する」という目的であればまず間違いなく最低価格が保証される状況はあり得ません。解体してリサイクルすることを前提にしている業者へ売却する場合には、1万円以下の価格で最低保証がある場合もあります。

 

ただし、最低保証があるからといって積極的に利用する価値があるとは限りません。保証なしの状況でより高い金額で売却できる可能性が否定された場合には非常に有効な方法となり得ますが、その場合も「廃車手続き費用」などをどういった形で扱っているのかをしっかりと確認しないと、「無償引き取り」よりも損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 

車の寿命はどれくらい?※走行距離&年数はどれくらいまでもつの?

 

車の寿命はどれくらいかというと、金銭的な問題を無視すればいつまでも乗ることができます。
日本では10年10万キロを目処に買い換える人が多いものですが、実際に海外では何十年や何十万キロと同じ車に乗っている人は少なくありません。
国土の広いアメリカでは10万キロはまだまだ走行が少ない部類で中古車で10万キロ以下の物を見つけるのは難しいレベルですし、キューバは国の事情があったという問題はありますが60年以上前の車が当たり前のように走っています。

 

悪い部分を直してしまえば走行距離や年数を問わずにいつまでも乗り続けることができるので、車の寿命というのはメンテナンス次第で半永久的に持つということになるのです。
しかし、日本でそこまで乗り続けるというのは経済的な負担が大きく、部品などの問題があり現実的ではありません。
更に優れた新車が次々に登場する日本において古い車を乗り続けるというメリットがあまりないので、目安として車の寿命が10年10万キロ辺りということになります。
このぐらいの時期に差し掛かると消耗品の交換が増え、整備に大きなお金が必要となってくるため、お金をかけて乗り続けるよりも新しく買い替えた方がいいという人が増えるため、ノーメンテ乗れる車の寿命としては10年10万キロが目安と言って良いでしょう。